|||: My Sweet Home :|||
夫婦間のセックス/セックスレス。アトピーの自分と息子。ごく普通の30代核家族を夫の立場で考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アトピー改善の兆し?
盛大に咲き誇った桜も春の風に散り、いよいよ山の木々にも新緑が萌え始めた頃、我が息子のアトピーにもやっと春が訪れた。漢方薬が効き始めたのか、それともそんなことは全く関係なく他の要因なのか、とにかく顔のほとんどを覆っていた湿疹が、口元を残して消えてしまった。
4月下旬は、また俺の出張が幾日か続いていた。自宅に息子と二人で閉じ籠もって居ると、段々に落ち込んでくるし不安にもなるからと、妻は息子を連れて再び妹夫婦の家へと泊まりに出掛けた。今日、出張の最終日。俺がその家に寄って二人を引き取って帰ることにしていた。

何日かぶりに見る息子の顔は、前述した通りほとんどの湿疹が消え、腫れも引いたことで目も大きく、輪郭もスッキリした印象となっていた。理由は不明。ただ今まで通りに朝晩の二回、薬草風呂に入れ、薬用クリームと軟膏を塗っていただけ。それでこの数日、毎朝目を覚ます度に目に見えて良くなり、あれよあれよと言う間にそこまで良くなったとの事。

とは言え、良く見ればまだおでこにもほっぺたにもプツプツと小さな発疹はあるし、耳の前や後ろもカサカサしている。それでも。それでも今までとはまるで違ったコンディションだ。寝入り端や寝起き、夜中にも痒がって騒ぎ、妻が抱いて宥めないと収まらないのは相変わらずだが、赤い部分が消え、リンパ液もほとんど出ていない我が子の顔を3ヶ月ぶりに拝めた我々両親、特に妻は目に見えて元気になった。

初めて湿疹が顔面全体を覆った頃からずっと、妻は心を閉じて写真を撮り続けてきた。息子の近い、もしくは遠い将来のためか、まだその存在の気配すらない第二子のためか、それとも自分や俺のためだろうか。理由はどうあれ、そういう事で今日までの息子の湿疹の写真が数百枚。これを全部見てみた。

前半は西洋医学式治療法。亜鉛華単軟膏と白色ワセリンによるもの。2~3日毎に、良くなったり悪くなったりを繰り返しているのが分かる。トータルでは1ヶ月ちょっと続けていたが、この間に劇的に良くなったことは一度もない。特に息子の場合、乾燥すればバリバリと皮膚が剥がれ落ちるし、その後には決まって皮膚が裂け、リンパ液がダラダラと流れ出すような症状だった。

途中で一度、強烈に症状が悪化した日がある。これは西洋式の薬品を止め、漢方に切り替えた直後を示している。漢方は西洋式と比較して薬としての効きが弱く、乾燥もただれも押さえ込むような即効性はない。副腎皮質ホルモン製剤(ステロイド)でなくとも、そういう意味合いでリバウンドのように見える状況は発生するのだ。これは数日で収まり、また元の、決して良くはない状態に戻っている。

その後の1ヶ月間はほとんど変化がない。この頃の印象は、三歩進んで二歩下がる、というよりむしろ、一進一退と言った風情であった。ただ当時はそう思っていたのだが、今になって写真を順に眺めてみると、ほんの少しずつだが症状が改善していることに気付いた。まず赤く皮膚の表面が裂けたような部分が目立たなくなり、それにともなってリンパ液の流れ出す量が減っている。更にそれに付随して、乾燥したときに剥がれる物も、体液が乾いた膜状のものではなく、ちゃんと皮膚の組成を持っているものが剥けるようになった。

そして今日の写真。突然の好転。これは、今後も良くなってゆく前兆なのか、それとも一時的なものなのか。アトピーの治療に、過大な期待は禁物だ。ほぼ確実に裏切られることが、自身がそれである俺には分かっているから。油断せず、楽観せず、しかし悲観もせず。これからも淡々と続けてゆくほかない。それでも今、妻と息子へ一言。「よく頑張った。偉かったね」。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よかったですね
うちの子はアトピーじゃないので、テリーさんのところの心配と苦労はお察しするだけなのですが、
友達の子がアトピーで、すごく奥さんは心配しておられたので、
今回テリーさんのお子さんが少しずつよくなったと聞いて、うれしく感じました。
当事者じゃないとその苦労は本当には分からないと思います。
なぐさめではないんですが、その友達の子も、小学生になって、かなりよくなったんですよ。
もちろんその奥さんは今でも人知れず食べ物に気をつかい、苦労していると思うのですが。。。
うまくいえませんが、ご自分の奥さんとお子さんに向けるまなざしが暖かくてステキだと感じました。家族って、やはり、互いをいたわり、思いやりながら、作っていくものだと思います。
テリーさんの過去の悪事!?はともあれ、今、奥さんをすごく大切にしていていいなあと感じました。まるで白猫に出会って生まれ変わった「猫」みたいですね。。。。
2005/05/10
(火) 22:30:02 | URL | ぽえこ #-[ 編集]
>ぽえこさん
ありがとうございます。いただいたメッセージを妻に見せられないのがもったいないくらい、嬉しいです。

仰る通り、アトピーよりももっと酷い病気の子も頑張っている、という事実が支えにもならないくらい辛いです。1歳になれば、3歳になれば、小学校に上がれば ... というなぐさめは、俺も良く妻に言っています。それが本気で必要なくらいに、妻は疲弊していますから。

あ、でも「同情してくれ」というのではありません。人生には良いことも悪いこともあるでしょうしね。

過去の悪事 ... 実はまだ続編があったりしますけども(苦笑)。
2005/05/10
(火) 22:57:43 | URL | Terry #0EPilw7g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。