|||: My Sweet Home :|||
夫婦間のセックス/セックスレス。アトピーの自分と息子。ごく普通の30代核家族を夫の立場で考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
GW特集:夫の犯し方
大先輩のはなさんとこにTB!レスじゃないけど自分からは誘えない、という女性は、ぜひ一度勇気を出して誘ってみることをお薦めします。眠っていても大丈夫。自信たっぷりに叩き起こしましょう。普通に性欲のある彼だったら、それはきっと喜びますよ。
俺は愛しの妻をこの腕に抱けるなら、多少眠かろうが腹が減っていようが関係ありません。というと何だか自らの精力絶倫をアピールしているようですが、実際はダルくて勃たないことだってあります。どうしましょうか?






--- 以下、猥褻に付18歳未満の閲覧を禁じます ---






そんな時は、起きあがろうとする俺の胸をそっと押して仰向きに寝かせ、上から妻がサービスしてくれます。彼女は割と気の短い方ですから(笑)、パジャマの上からさすっている時間はせいぜい十数秒。すぐにパンツごとパジャマを引き抜かれ、俺はあ~れ~とコンニチハさせられてしまいます。

その目の輝き!その口元!もうすっかりスイッチが入ってしまって淫奔なことと言ったらありません。童貞だったらもう果ててしまうのではと思えるようなその妖美 ... 。これに当てられて、俺の方もスイッチが入ります。

そうして脱がせながらも器用に舌と唇とで愛してくれている彼女の、大きく甘いヒップに俺は手を伸ばします。彼女が察して身体の向きを変え、手の届くように近付けてくれたウェストに手を滑り込ませます。ツルンと尻を剥いて指先で、本当に触れるかどうかの加減でそおっと撫で回します。

「んふっ!」俺を口にくわえたまま声を漏らし、俺の大好きな丸い尻が敏感にピクンと跳ね上がります。これです、これ!

俺は触れるともなく触れるように、立てた指先を妻の尻に遊ばせます。大きく円を描いたり骨盤の端を突ついたり、背骨に沿って肩胛(けんこう)骨の間までサアッとその手を走らせたり。時折は爪を立てて尻の割れ目に少しだけ滑り込ませたり、からかうように菊座を掠(かす)ったりもします。すうっと手を下げて太股の内側をなぞり、彼女に向かって何度も指で擦(こす)り、這わせます。決してその部分には触りません。陰毛に触れたら、またすっと手を下げるのです。繰り返し、何度も何度も何度も。

俺の股間を握る手にググッと力がこもります。俺を口から吐き出して、段差にねっとりと舌を巻き付けてきます。その瞳は鈍く光って、彼女の中の何かが殺気立っていることを伝えます。もうそろそろです。

上体を起こして彼女の下を脱がせてやると、次の瞬間にはもう俺の上に跨っています。もどかしく上を脱ぎ捨てる妻。またおもむろに俺の根元を掴み、丸い先端で彼女自身を前後に擦りだします。深い部分を越え、突起に当たる感触。蕾(つぼみ)から、溝へ。谷から、頂(いただき)へ。

いよいよ感極まってきた彼女。自分の小さな入口に狙いを定めると、腰を前後に繰りながら俺を中心に沈めます。淫らな腰の蠢(うごめ)き。... ぬるり。彼女はもうしとどに濡れそぼっていて、俺の頭は簡単に彼女の中へ没入してしまいます。

「う」と声を詰まらせて、彼女はゆっくりと俺を呑み込んでいきます。少し抜いて、また沈めて。また抜いて、沈めて。彼女の粘液が俺の付け根の方までを潤したと見るや、離した手を俺の胸に当ててゆっくりと腰を落とし始めます。それはまるで、味わうかのように。熱くなった尻が沈むにつれ、次第に彼女の顎が上がります。目を閉じて、恍惚と。歯を少し覗かせた唇が、紅を差したように染まって捲(めく)れ上がっています。

やがて俺はすっかり彼女に呑み込まれ、恥骨に挟まれた縮れ毛は人知れずジリッと音を立てます。


「はぁぁぁ ....」


やっと息を吐いた妻の深い部分で、俺はコツンと何かを見付けます。



(ひ)



また吸い込まれる、声にならない声。彼女の最も深いところで。彼女の両膝を掴み、ぬ、と腰に力を入れるだけで、俺の先端は意地悪くまた彼女の塊(かたまり)を捉えます。押し上げます。そこから全身に広がる、震え。握りしめるように俺の胸に掴まって、彼女は波が過ぎるのを待っています。俺の腰と胸とに伝る、その切ない震え。

堪らず俺は、掴んだ膝を大きく開いて引き寄せます。俺の胸を掴み損ね、バランスを崩して後ろに反り返る妻。倒れる直前、空を切る手を捕まえてやります。彼女は真っ直ぐに俺の屹立に貫かれたまま。その中の塊を、ぐいと俺に押さえられたまま。震えは止まりません。どうすることもできません。

角度を変えず、奥に当たった状態を保って、俺は頭から起きあがります。彼女の反りが戻らないように、掴んだ両手は捻(ひね)りながら妻の背中へ。二つ大きく突き出された妻の胸が、俺の目の前に迫ります。その間に、俺は鼻先を埋(うず)めて、舐める。

ぞっと全身の肌が粟立つ気配。もう一度、ぞろり。悦びが髪を逆立て、両の爪先までも駆け抜けているのに、期待を裏切られた乳房は貪欲に俺を待っています。その先端を、キンと音が聞こえるほどに尖らせて。

妻の両手を導いて、俺の両腿(もも)に置かせます。胸で大きく呼吸する彼女は、次に起こることを怖れてもう泣き出さんばかりです。胸に来て欲しい?声に出さずに問いかけます。NOであるわけがない。

でも、行かない。




俺は彼女の骨盤を掴み、胸の間に額を押し付けます。乳房の内側に、チクチクと刺さる俺の髪。それから、力任せに彼女の腰を揺すります。前後に、激しく!一往復する度に、俺の先端が彼女の塊を弾きます。ゴリゴリと、その音が聞こえないのが不思議なほどに揺すり続けます。

段々とそのリズムから脱落してゆく妻。愛する妻。切ない妻。何とか起き上がったままでいようとする彼女の意志は、もう自分自身の身体にまで到達できません。届かない!



「はっ、はっ、はっ、はっ」



狂ったように腰だけを動かしながら、それ以外の部分を全て放棄する彼女。全裸の、精神(こころ)。上半身はもう滅茶苦茶です。いつ首がもげてもおかしくない、ドンドンと俺の額にぶつかる身体も、もはや支え切れません。右腕で背中を支えながら、その手を素早くうなじに回して掴みます。強く。今だけは、この俺に服従せよ、と。左手は彼女の右の乳房を下から包みます。そのまま人差し指と親指の爪で、そう、爪で、乳首をきつく摘みます。同時にまるで水から上がってきたかのように、見付けた彼女の左乳首。それを犬歯でキッと噛みます。キューッ、と。





次の瞬間。








「か、はっ ......... 」








ガクガクと前後への動きを腰に残したまま、彼女が後ろへ弾け飛びます。俺は咄嗟に、両腕を回して彼女を掻き抱き、今一度深く腰を押し付けて、額を胸に埋めて、


果てる。


ブルブルと打ち震える二人。荒い息が、繋がった部分の湿った音が、静まりかえった闇を、満たして、消えてゆきます。


俺は膝を折り、そっと彼女を地上に帰します。右手は背中を、左手は頭を支えて。二人の部分が決して離れないよう、後方へ脚を伸ばして彼女に折り重なります。肘で自分の体重を支えつつ、瞼に掛かった前髪を、濡れた額から剥がして、解いて。








やがて彼女が目を覚まします。




善も悪も、何もないその表情(かお)に、



深く、甘い、くちづけを。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
トラバ ありがとうございました。
それにしても 刺激的なタイトル(/-\*)
やっぱり あそこであきらめずにもう一歩進んだ方が良かったのかなぁ(照)
でも いきなり積極的になってしまったら
ダンナさんは 引かないものですか?
そう思うと こちらの気持ちも萎えてしまうんですよね。
ホントに喜んでくれるのなら・・・
次の時は 試してみようかな^^
2005/04/30
(土) 19:46:00 | URL | はな #J/2JMOlY[ 編集]
すみません
人様のところへTBするにしては
ちょっと下品すぎましたか?
書き始めたら止まらなくなっちゃいました。

お越しいただきましてありがとうございます。

そおっと布団に潜り込んで彼ので遊んでみたらいかがでしょう?

俺なら嫌な気はしませんよ。
2005/04/30
(土) 20:18:17 | URL | Terry #wt1hqq7Q[ 編集]
きゃー(///o///)ゞ刺激が強すぎましたぁ!!!こんなのしばらくしてないです・・・(TдT)
明日は休みなので、だんな様を犯してみようかな・・・。
2005/05/01
(日) 01:02:12 | URL | あこちん #-[ 編集]
ひゃぁTerryさん、こういう描写もお得意なんですね~。とっても繊細な描写にドキドキして、感じてしまいました。。。

>善も悪も、何もないその表情

ってわかる気がします。
本当に通い合ったsexをすると、
何か『無』にさせられるというか、
今産まれた・・ みたいな精神になれますよね。
うん~繊細に愛し合いたいです。

2005/05/02
(月) 13:00:30 | URL | cherrypie #FsLi9vu.[ 編集]
>あこちん
ちょっと悪ふざけしてみました。

たまにはこういうのもいかがですか?
2005/05/03
(火) 01:37:36 | URL | Terry #wt1hqq7Q[ 編集]
>cherrypieさん
いやー難しいですね、この手の文章は。
もっと簡単かと思っていました。

通い合うか、... そういう事なんでしょうね。
2005/05/03
(火) 01:41:00 | URL | Terry #wt1hqq7Q[ 編集]
あれ?これ官能小説ですか~実話か!!ある意味GWです。。。(汗)。
2005/05/03
(火) 11:47:31 | URL | pokka1229 #-[ 編集]
>pokka1229さん
限りなく実話の雰囲気を醸し出す寓話、ってことで(笑)。

なかなかGWでしょ?
2005/05/03
(火) 18:38:51 | URL | Terry #wt1hqq7Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。