|||: My Sweet Home :|||
夫婦間のセックス/セックスレス。アトピーの自分と息子。ごく普通の30代核家族を夫の立場で考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
羨ましくて
 新幹線で通路を挟んだ反対側の席に、子ども連れの夫婦が乗ってきた。母親はちょうど息子と同じくらいの男の子を抱いている。その月齢の子がいるなら、多分久し振りの遠出だろう。彼女は嬉しさからか少し頬を紅潮させている。
 膝の上のボクも興奮して大はしゃぎだ。まだ歩けないだろうにお出かけの為に履いた小さな靴が母親のスカートの上で暴れる。

 そんな様子が微笑ましく思え、俺は実際に少し微笑んで見るともなく眺めていた。すると好奇心でキョロキョロしていたボクが、ふとこちらを向いて目があった。

 にっこり。

 まだ歯が生えていない。ちょっと手を振る。ボクはそれに目をやるが、自分ではまだ振ったりしない。やはりウチの子と同じくらいだ。

---

 事務所に戻り、ふとそんなことを思い出した。笑ったボクのほっぺは真っ白でピカピカだった。息子のアトピーでボロボロの肌とは大違い。

 そう思ったら急に泣けてきた。本当に、凄い勢いで涙が出てきて、声まで漏れてきた。止まらない。

 慌ててハンカチを瞼に押し当て、一つ大きく息を吐く。無理矢理に涙を止めて、感情を振り切った。その勢いで強引に自分の気持ちを後押しして、仕事に戻った。

 心のシャッターを全部閉じて。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。