|||: My Sweet Home :|||
夫婦間のセックス/セックスレス。アトピーの自分と息子。ごく普通の30代核家族を夫の立場で考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アトピー対策 その4
 アトピーの人の湿疹には、痒くなるタイミングというものがあります。ご自身がそうである方は良くお分かりだと思いますが、特に好きで集中してやることがなかったり、家に帰ってきて気が緩んだり、はたまた仕事などで大きなストレスが掛かったときなどに痒くなります。
 これは交感神経と副交感神経の働きだそうですが、このことから「痒くならせない」方法が見付かります。

 つまり子どもであれば何かに集中して遊んでいるときにはどんなに酷い湿疹でもほとんど手がいくことはありません。逆に遊びであっても上手くいかないことがあったりすると途端に掻きむしり始めたりもします。

 アトピーのこどもを持つご両親。特に自分たちがそうでない方は不安でしょう。可哀想でしょう。でも、そういう表情を毎日毎日見せられるお子さんはもっと不安なんですよ。

 子どもは親の顔を見て、それに自分も感情移入して生きています。例えちょっとくらい引っ掻いて血が出ていても、「大丈夫、大丈夫!ほら、おせんべ食べようか?」とお母さんにニッコリ微笑んでもらえれば、本人的にも大したことではなくなってしまいます。

 これはアトピーに限りません。良く「病は気から」と申しますよね。嬉しい楽しい気持ちでいられれば、大人であっても多少の痛みや不具合も気になりづらいし、病状も早く良くなるのは当たり前です。

 お子さんが心配なのは俺も同じです。でもそこはそれ、ご両親が眉間に皺を寄せていたってお子さんの気持ちはちっとも救われません。だからお父さん、お母さん。お子さんのために頑張って、今日もスマイルでお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。