|||: My Sweet Home :|||
夫婦間のセックス/セックスレス。アトピーの自分と息子。ごく普通の30代核家族を夫の立場で考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
息子を頭から落としました
 ガーン!まさか、いや、いつかはやると思っていましたが、まさかまだ9ヶ月の子を落とすとは!
 妻はその母親に似て、基本的に出しっ放し・開けっ放しの人です。通るドア通るドアを全て開け放ち、妙に風通しが良い我が家であります。
 それだけでなく、ジャムの瓶や胡椒の蓋、マヨネーズなどの容器も開けたらまず自分で閉めることはありません。蓋は容器に乗っています。が、締め込まれてはいないのです。

 一緒に暮らし始めた当初、これで何度容器を落としたことでしょうか。出したけど食べなかった納豆のパックやお菓子の箱・袋も出したらそのまま。俺と義父は、彼女たちの後を付いて回ってひたすらに閉めて締めてを繰り返す毎日です。ま、人生それはそれで良しとしましょう。

 母乳に出るので息子のアレルゲンを口に出来ない妻のために、俺は乳製品の全く入っていないチョコレートを探し出してきました。なかなか無いものですよ、これは。冷蔵庫に常備されており、授乳と睡眠不足で毎日体力の綱渡りを続けている妻にとっては、絶対必要不可欠なアイテムなのです。

 その妻が夕食の支度をする間、俺は息子を膝に抱いて椅子に座り、遊ばせていました。ふとテーブルを見ると昼間に出したと思しきチョコレートの箱が半開きで置かれています。中を見るとまだいくつか残っています。

 このまま出しっ放しにしていてはこの春の陽気のことです、明日の昼にはきっと溶けてしまうに違いありません。どうせ食べるなら美味しい方が良いし、と思い、やや斜め後ろにある冷蔵庫に箱を戻すことにしました。

 片手は息子を支えているので、もう一方の手で冷蔵庫のドアを開け、振り返って同じ手でチョコレートの箱を掴んで振り返った瞬間、俺の手が支えていない方向に、突然息子が身を乗り出したのです。

 息子はもう既に俺の膝を離れ、今や真っ逆さまです。俺は全身が総毛立つ思いで息子に手を伸ばしましたが間に合わず、フローリングの床に頭から激突、ドチンと鈍い音がしました。

 一拍の後に「キィーーーイヤーーー!!」と響き渡る息子の悲鳴。妻も飛んできます。何があったのか尋ねる妻に、頭から落とした旨を説明。見る見る内に息子の顔から血の気が引いていきます。真っ白。それとは対照的に、落下してぶつかった左のおでこはザワザワと腫れてきて、同時に赤みが差していきます。

 救急ダイヤルや義妹にアドバイスをもらい、吐いたり顔色が戻らなかったり、ずっと機嫌が直らなかったりしなければ大丈夫と教わりました。ちょっと擦り傷はありますがこれといって出血はなく、たんこぶは冷やせとのことでしたのでアイスノンを当てていたら段々と血色が良くなってきました。

 今はもう妻に抱かれてぐっすりと眠っています。ひとまず、ひとまずです。これが原因で、後々彼にとって悲しいことが起こらなければ良いのですが ...。全くなんて父親だ。あぁ、自己嫌悪。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。