|||: My Sweet Home :|||
夫婦間のセックス/セックスレス。アトピーの自分と息子。ごく普通の30代核家族を夫の立場で考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アトピー対策 その3
 衣類にも気を遣います。まず俺自身がアトピーで、直接肌に触れる物は綿か絹しか着られませんので、夏でも透けるような生地に派手なプリントのシャツなどは諦めています。
 その代わり、一度袖を通せば綿の質まで分かりますので、1着買ってみて良かったブランドは続けて手に入れています。今のお気に入りはバーバリーです。

 息子の方はバーバリーにはラインナップがありません。こちらはオーガニックコットンのTシャツとオーバーオール、俺のファッションに輪を掛けて地味な赤ん坊です(笑)。

 問題は俺の方の肌着で、これは普通に売っている物は全滅です。まず縫製が悪い。必要に迫られて綿100%を選んでいるのに首周り・袖周りの縢り糸が化繊だったり、首の後ろのタグがチクチクしたりで耐え難い状況です。

 それでもこういうものを着るときにはタグの糸を抜いて取り去り、縫製は仕方がないので裏返しにして着ています。そんな着方ばかりでは外出時に困ります。そこで何枚かはシルクの肌着を持っています。高価なため総入れ替えは出来ませんが。

 これらは日本で買うと「高かろう悪かろう」で良いところ無しですのでアメリカから個人輸入しています。「WinterSilks(ウィンターシルクス)」はそれほど安い価格設定ではありませんが、季節の変わり目毎にクリアランスをやるのでそれを狙います。

 ここはしかし問題があります。というのも、発送業務のミスが酷いのです。品切れで送られていない商品までインボイス(請求書)に載ってくるわ、1年以上も前の住所に発送するわ、しかもそれを指摘されても謝罪の一つもありません。ハッキリ言って人間性を疑います。

 閑話休題。息子にもシルクの肌着を買ってみました。カネボウの出している「ココンマルク」という新ブランドですが、これはWinterSilks以上にお薦めできません。

 まず質が悪い。首周りなどに飾りレースが付いていて恐ろしく痒い。縫製も良くない。と散々です。カネボウは「肌に優しい」などと謳っていますが、アトピー患者の事を全く理解していないと言えます。このブランドでウチに認められた唯一の製品は、シルク/コットンのハンドタオルだけでした。

 次回は珍しいと思われる「関わり方」編をお送りしましょう。
 お楽しみに。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。