|||: My Sweet Home :|||
夫婦間のセックス/セックスレス。アトピーの自分と息子。ごく普通の30代核家族を夫の立場で考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
下着でファッションショー
 妻は、こう言っては何ですが、スタイル良いです。自慢です、すいません(笑)。身長165cm、上から82・60・87。全体のバランスとしては尻がかなり大きい方だとは思いますが、元々はもっと大きく、それも納得の上で結婚しました。
 ところが出産後に腰が痛くなり、整体に行ったらバクバクと骨盤を畳まれて、上記のサイズまで小さくなって帰ってきました。

 怪我の功名?いずれにしても、でかい尻は俺の好みなので問題ありません。あ、同じでかいでもパチッと張りがないとダメ、緩~い感じの尻は苦手です。

 俺は小学校に上がると同時にスポーツを始め、昨年まで高校の3年間を除いてずっと、何らかの競技に参加してきました。そういうタイプの人に多いと思いますが、俺は自分の着る服に関して無頓着です。違いますね、機能性重視で外観をあまり気にしていない、が正しい表現でしょうか。

 ともかく機能的に問題がなく、安くてそれなりの品質であればOK、みたいな感じで服を選びます。ここのところ妻の影響で変わりつつありますが、それでもアトピーの事もあって綿か絹しか着られないので自ずと限界はあります。

 これに対して妻は、新しい服を手に入れると全て着て見せなければ気が済まない性分です。上着でもシャツでもパンツでも、家に帰るなりホテルの部屋に入るなりするとすぐに着替えて見せてくれます。

 これを俺は「○○(妻の名前)の一人ファッションショー」と呼んでいます。俺に見せ、自分でも鏡で見て、納得すると次の服に着替えます。風呂の支度やメシの支度は、これを買ってきた服の分だけ繰り返してから後、おもむろに行われます。

 俺には、大人しく感想を述べ(もちろん全て褒め言葉)つつ、じっと生活日課の次の工程に移るのを待つ、という光栄な役割が与えられています。いや、正直なところ、俺は割とこのファッションショーが気に入っているのです。彼女はスタイルも宜しい(しつこい)ので尚更です。

 先日、結婚記念日にランジェリーを贈った話を書きました。それもかなりきわどい。この場合どうなると思いますか?実は別にどうにもなりません。つまり、いつも通りにファッションショーが開催されました(喜)。

img10581097332bs.jpgimg105860306s.jpg


 何せ下着ですから、次のものに着替えるたびに全裸です。そしてヒラヒラのランジェリーを目の前で着て見せ、また脱ぎ捨てて全裸に。これをランジェリー4組分、繰り返すのです。なかなか良いものですよ、これは。久々に妻の、しかも下着のファッションショーを、俺は堪能しましたねぇ。ご自分の奥様だってまだまだイケるぜ、と仰る貴方。お宅でもファッションショー、いかがでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。